とても高い借入金利

任意整理というものは普通は負債整理というふうにも呼んでいて、それぞれの債権を有する者への支払いを続けていくことを前もって決めた債務の整理の手だてです。

 

実際の流れは債務処理経験のある司法書士とか弁護士が債権を持つものと借り手の間に入って相談し合い利息を定める法律に従って利息の再考慮をして一から計算した借りているお金の元金に対する利息を下げることにより36か月程度の時間で返済を目指す借金の整理の方法です。

 

この場合は裁判所などといった国の機関が関与することはないので他の処理と比較すると利用した際におけるデメリットが一番少なく処理は債務者にほとんど重荷がないため、最初に考慮したほうがよい方法といえるでしょう。

 

さらには、債権を有する者がヤミ金といったようなとても高い借入金利だった場合は利息を制限した法律が許している貸出金利をゆうに超えて振り込んだ利息に関しては元金に充当するとして借入金の元金自体を減らすことだって可能です。

 

つまりは、サラ金みたいな高い利息のところに長い期間返している例では支払額を減らすことができるような場合もありますし15,6年とか返し続けている例だと借金そのものがクリアーになることもないとは言えません。

 

借金の整理のポイントは破産とは異なって一部分のお金のみを整理することになるので、他に連帯保証人がいる借入を除いて検討していく場合や住宅ローンの分を除き検討していく場合等でも活用することも良いですし資産を放棄してしまう義務がないため、株式やマンションなどの個人資産を持っているものの、処分したくない場合においても有用な借金整理の方法となっています。

 

しかし、これからの返済金額と現実の所得を比較し、常識的に見て返済の計画が立つようなら任意での手続きで進めることに問題ありませんが破産申告と違い返済義務そのものが消えてしまうという意味ではありませんので、お金の金額が大きい場合には、現実問題として任意整理にての手続きを実行するのは容易ではないと考えるのが無難でしょう。