ユーロ立てで考えよう

「スプレッド」とはFX投資は外貨を売買して利幅を生み出す取引です。

 

トレードの価格は変動しています。

 

それが為替相場です。

 

ラジオを聞いていると、ドルやユーロの為替レートの情報が流れる状況があります。

 

よく見かけるのが、「本のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという事を意味するのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを示しています。

 

要するに、外為取引には買値と売値の2個の価格が存在します。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと示している取引会社も存在しています。

 

通常は売値の方が低く定められています。

 

あなたが買うときには高く、売るときには安くなるはずです。

 

その差をスプレッドといい、FX取引会社の収益とされています。

 

スプレッド幅はFX業者によって変わります。

 

スプレッドの広さは投資家にとって経費になるので低いFX取引会社を選択するほうが有益です。

 

ただし、同じ会社でも状況に応じてスプレッド幅は変わります。

 

いつもは円とドルの組合せでたった1銭のスプレッド幅であるとしても相場の上下動が大きいときには広くなったりする場面があります。

 

という事で、スプレッドが狭いのと同様に安定しているのが大事です。

 

この頃では変わらないスプレッド幅を見せるFX会社も数多く存在しています。

 

実際に業者の売り買い画面の上で本当の相場を見なければ区別できないのでやっかいですが重要な事です。

 

大事な資金を使って売買をするわけですから、現実の売買の前に心惹かれたFX取引会社の取引口座開設を積極的にして示されているスプレッドの広さを確認しましょう。

 

同じ通貨ペアでも状況によって通貨のスプレッドの狭さは変わります。

 

通常、銀行間取引で売買高が多い通貨の組合せではスプレッド幅が小さく、この他の通貨ではスプレッド幅が広くなる事があります。